TOM BLOG

暮らしに役立つ割引クーポン・キャンペーンを紹介

Webサービス

STORK(ストーク)のテーマ料金が高いのかをメリット4選とデメリット2選で評価する

  • STORK(ストーク)のテーマ料金が高いのかをメリットとデメリットで教えてほしい
  • STORK(ストーク)を導入する前に公式ページには書かれていない内容が知りたい

 

こんな人のために本記事は書いております。

 

そこで、本記事ではSTORK(ストーク)のテーマ料金が高いのかをメリットとデメリット評価していきます。

 

  • 本記事の内容
  • STORK(ストーク)のテーマ料金が高いのかを評価する

  • STORK(ストーク)のメリット4選
  • STORK(ストーク)のデメリット2選
  • STORK(ストーク)はこんな人におすすめです

 

順番に重要なポイントだけ紹介します。

 

3分くらいで読めますしSTORK(ストーク)のテーマ料金が高いのかを評価する為にメリットとデメリットを紹介します。

 

 

STORK(ストーク)のテーマ料金が高いのかを評価する

open-cage.com/stork19/

事項

内容

テーマ

STORK(ストーク)

価格

10,800円(税込)

評価

スマホ表示に最適なレスポンシブ対応で見やすいテーマです。記事を装飾するためのショートコードやデザインのカスタマイズ性が多く便利です。

公式ページ

STORK(ストーク)公式ページはこちら

 

STORK(ストーク)10,800という価格設定ですので他社の有料テーマ平10,00015,000と比べるとお手頃な料金となっております。

 

複数のWordPress有料テーマを利用してきた経験からSTORK(ストーク)を評価をしますと「コスパは良く価格に対して安い」と思っております。

 

理由としては、HTMLCSSコードなどが分からなくても記事の装飾、レイアウトを簡単に作れるのと広告機能が豊富で収益化を目指せるためです。

 

  • おすすめ機能一覧
  • 記事を装飾するショートコードやデザインのカスタマイズ機能が多い
  • ウィジェットも充実しておりサイトデザインも簡単にできる
  • アドセンス広告の設置などブログやサイト作りに役立つ機能が揃っております
  • 使いやすさとデザイン性に優れているので記事執筆に集中できます
  • デザインが洗練されておりカスタマイズ性にも優れている
  • LP(ランディングページ)作成機能もあり訴求効果の高いページの作成が可能

 

ブログマーケティング業界の異端児「ブログマーケッターJUNICHI」監修のもとOPENCAGEが開発したコラボモデルのWordPressテーマです。

JUNICHIさんのこれまでのブログマーケティングノウハウをテーマに落とし込み、OPENCAGEのコンセプトでもある「モバイルファースト」を改めて考えなおした渾身のWordPressテーマです。

公式ページより引用

 

STORK(ストーク)はデザインが洗練されておりカスタマイズ性にも優れているため初心者から中級者に最適なWordPressテーマでしょう。

 

【登録はこちらから】



STORK(ストーク)公式ページはこちら

 

お手頃な価格設定でサイトデザインが洗練されてカスタマイズ性も充実しておりますがメリットやデメリットもあるので失敗しないテーマ選びをしてもらう為にこの後詳しく解説していきます

 

STORK(ストーク)のメリット4選

 

  • メリット4選
  1. 記事を装飾するショートコードが標準装備
  2. 綺麗なデザインでカスタマイズ性に優れている
  3. ランディングページ作成機能
  4. モバイルファーストで見やすく読みやすい

 

STORK(ストーク)のメリットをまとめるとこんな感じです。

 

ここから順にSTORK(ストーク)のメリット4選を紹介していきます

 

記事を装飾するショートコードが標準装備

open-cage.com/stork19/

 

STORK(ストーク)記事を装飾するショートコードを標準装備しておりHTMLCSSなどのコードが分からなくても直観的に簡単に設定することができるようになっております。

 

  • ショートコード機能一覧
  • 吹き出し機能
  • ボックス
  • ボタン
  • 関連記事のリンク

 

このような便利機能がショートコード1つで簡単に呼び出せるようになっており記事の作成時間も大幅に短縮できます。

 

記事を装飾するショートコードが簡単に設定出来るというのは初心者にとっても便利な機能ですし記事作成に慣れている人にも役立つのでおすすめです。

 

\ショートコード機能を確認する/

STORK(ストーク)公式ページを見てみる

 

ショートコードが標準装備されている事で記事執筆に集中できて収益化にも近づきます

 

綺麗なデザインでカスタマイズ性に優れている

open-cage.com/stork19/

 

幅広い年代の人に好まれるような綺麗なデザインが作りやすく知識がなくても簡単にデザインをカスタマイズ出来るようになっております。

 

  • 温かみのあるおしゃれなデザイン

open-cage.com/stork19/

 

デザインの配色も変更出来るので自分の好きな色に設定するのも簡単ですしトップページのレイアウトも4種類から選べます。

 

レイアウト一覧

  • シンプル型|おしゃれでシンプルなデザイン
  • マガジン型|雑誌のように記事を配置出来て2列で表示が可能
  • ビッグ型|記事の画像を大画面にして目立たせる表示が可能
  • カード型|記事をカード型にして整列させて表示が出来て2列、3列とディスプレイサイズによって自在に変化する

 

レイアウトの変更は簡単で「外観」「カスタマイズ」「グローバル設定」で設定できるようになっております。

 

ボタン1つでトップページやその他ページのレイアウトを簡単に設定できるのでワンタッチでデザインをカスタマイズしたい人におすすめです。

>>STORK(ストーク)公式ページはこちら

 

デザインが綺麗だとユーザーのサイト滞在時間も長くなるのでGoogleの評価もあがりますよ

 

  • カスタマイズが簡単

open-cage.com/stork19/

 

デザインの知識が無くても管理画面からカスタマイズの設定が簡単に出来るようになっております。

 

また、STORK(ストーク)は多くの人が利用しているテーマなのでカスタマイズ関連の情報が手に入りやすいです。

 

テーマによっては利用している人が少なくてカスタマイズの情報が出てこなかったりするので多くの情報を参考に出来るSTORK(ストーク)はカスタマイズにもおすすめでしょう。

 

\カスタマイズ設定を確認する/

STORK(ストーク)公式ページを見てみる

 

役に立つカスタマイズ情報が多いテーマの方が長くサイト運営を続けていく上で便利ですよ

 

ランディングページ作成機能

open-cage.com/stork19/

 

ランディングページとは

ユーザーがWEBサイトで最初にYahooGoogleの検索エンジンで閲覧するページです

ランディングページ作成機能が備わっており商品訴求のページが作りやすくなっております。

 

メルマガ登録ページやアフィリエイトの商品販売ページを作成するのに便利な機能なので収益化を目指している人におすすめです。

>>STORK(ストーク)公式ページはこちら

 

訴求力の高いランディングページが簡単に作ることが出来るのは嬉しいですね

 

モバイルファーストで見やすく読みやすい

open-cage.com/stork19/

 

ユーザーがサイトを訪れた時にスマホで閲覧する時のデザインや機能がモバイルファーストで見やすく読みやすくなっております。

 

現在、パソコンよりもスマホからサイトへ訪れる人が多い為モバイルファーストの機能が搭載されているSTORK(ストーク)はアクセスアップを目指すサイト作りにおすすめでしょう。

 

\モバイルファースト機能を確認する/

STORK(ストーク)公式ページを見てみる

 

アクセスアップを目指している人にとってSTORK(ストーク)は最適なテーマでしょう

 

STORK(ストーク)のデメリット2選

 

  • デメリット2選
  1. 複数サイトでの使い回しが出来ない
  2. 利用している人が多いためデザインが被る可能性がある

 

続いてSTORK(ストーク)のデメリットを紹介します。

 

ここまで様々なメリットを話してきましたが当然他社WordPressテーマよりも劣っている部分もあるので事前に確認しておきましょう。

 

複数サイトでの使い回しが出来ない

 

STORK(ストーク)1回の購入につき1サイトのみ利用可能で複数サイトでの使い回しが出来ないです。

 

他社の有料WordPressテーマはライセンスが付与されているので1度の購入で使い回す事が出来ますので、複数サイトの運営を考えられているのであればSTORK(ストーク)はおすすめしません。

 

ただ、サイトを作るのが初めての人であれば1つのサイトを丁寧に長く続ける運営される事が多いと思うので慣れてきたら中級者以上のテーマを選ぶのも良い選択でしょう。

>>STORK(ストーク)公式ページはこちら

 

雑記ブログで長く運営を続ける人であれば1つのサイトでじっくり続けていけば良いと思います

 

利用している人が多いためデザインが被る可能性がある

 

STORK(ストーク)を利用している人は多いのでデザインにオリジナル性を求めている人にはおすすめできません。

 

ただ、多くの人に選ばれているという事実がありますので人気テーマであることは間違いないです。

 

\デザインや機能を確認する/

STORK(ストーク)公式ページを見てみる

 

カスタマイズすれば自分の気に入ったデザインサイトが作れます

 

STORK(ストーク)はこんな人におすすめです

 

  • こんな人におすすめ

open-cage.com/stork19/

  • スマホ特化のサイトやブログ運営を始めていきたい人

  • 幅広い年代の方に訴求できる綺麗なデザインのサイトを作りたい人
  • HTMLCSSコードなどが分からなくても記事の装飾、レイアウトを簡単に作りたい人

STORK(ストーク)はサイト運営を始めたばかりの初心者におすすめです。

 

設定が分かりやすくシンプルで使いやすいのでデザインの知識がなくても簡単に綺麗なサイトを作ることが出来ます。

 

また、ショートコードやクイックタグが多く用意されておりデザインはカスタマイズ次第でオリジナルなサイトが作れます。

 

STORK(ストーク)はHTMLCSSの知識はないけれど記事のレイアウト・装飾も出来るだけ綺麗に見せたいという人におすすめのWordPressテーマでしょう。

 

【登録はこちらから】



STORK(ストーク)公式ページはこちら

 

男性、女性どちらにも合うデザインなので自分の気に入ったデザインを探してみましょう

 

まとめ|モバイルファーストで綺麗なデザインが作れるテーマです

 

本記事ではSTORK(ストーク)のテーマ料金が高いのかをメリットとデメリットで評価しました。

 

STORK(ストーク)10,800という価格設定ですので他社の有料テーマ平均10,00015,000と比べるとお手頃な料金となっております。

 

HTMLCSSコードなどが分からなくても記事の装飾、レイアウトを簡単に作れるのと広告機能が豊富なので収益化を目指したい人におすすめです。

 

ぜひ、STORK(ストーク)のメリットとデメリットを理解した上でWordPressテーマを導入してサイト運営を始めてみてはいかがでしょうか。

 

  • メリット4選
  1. 記事を装飾するショートコードが標準装備
  2. 綺麗なデザインでカスタマイズ性に優れている
  3. ランディングページ作成機能
  4. モバイルファーストで見やすく読みやすい

 

  • デメリット2選
  1. 複数サイトでの使い回しが出来ない
  2. 利用している人が多いためデザインが被る可能性がある

 

スマホ特化のサイトやブログ運営を始めていきたい、幅広い年代の方に訴求できる綺麗なデザインのサイトを作りたい、と考えている人にとって最適なWordPressテーマでしょう。

 

STORK(ストーク)の詳細は下記公式ページから確認できますので気になった人はご覧ください。

 

\デザインや機能を確認する/

STORK(ストーク)公式ページを見てみる

 

デザインが洗練されておりカスタマイズ性にも優れているため初心者から中級者に最適なWordPressテーマでしょう

 

以上、STORK(ストーク)のメリット4選とデメリット2選の紹介でした。

 

関連記事

SWALLOW(スワロー)のテーマ料金は安い?メリット5選とデメリット2選で評価する

続きを見る

AFFINGER5(アフィンガー5)のメリット・デメリットを解説します【特徴・感想レビューも公開】

続きを見る

アフィリエイトにおすすめのWordPress(ワードプレス)テーマまとめ13選【失敗したくない方向け】

続きを見る

Translate »
error: Content is protected !!

Copyright© TOM BLOG , 2022 All Rights Reserved.